行きたい高校がない子や将来の仕事にも興味がない子には

中学3年生は、志望高校や将来の夢が決まっていると

 

勉強のやる気も出しやすいですよね。

 

基本的な高校の選び方はこちら

 

しかし、なかなか受験校が決められなかったり、

 

将来像が描けない子も多いと思います。

 

受験高校や将来の夢についてアドバイスです。

 

 

ホームページで調べよう

 

PCで調べる

 

志望校の候補もないときは、候補を選びましょう。

 

お住まいが富山でしたら、パソコンやスマホで
富山県 高校」で検索してください。

 

富山県の高校の一覧が出てきます。

 

なかでも通える範囲の高校は絞られてきますので、
いくつかピックアップしておきましょう。

 

高校の学力や偏差値については、
中学校の担任の先生に相談するのが確実です。

 

今の学力で安全なところを一校、
今の学力と同じレベルの高校、
少し頑張れば届きそうな高校を選びましょう。

 

オープンスクールへ

 

オープンスクール

 

いくつか候補の高校が決まったら、
夏休みからのオープンスクールや体験入学に参加しましょう。

 

ホームページで見た印象と実際の高校が
同じなのか違うのか感じる良い経験です。

 

模擬授業を受けられる高校や
部活動体験ができる高校もあります。

 

自分がこの高校に通ったらどうなるか、想像できますね。

 

日程が大丈夫なら、候補以外の高校に行っても良いでしょう。

 

各高校では、生徒も先生も雰囲気が違うことがわかると思います。

 

大学・短大・専門学校・就職先も観よう!

 

将来の仕事や夢について考えたいときは、
高校のホームページの大学名や就職先を見ましょう。

 

そして、大学や就職先のホームページも検索して訪れます。

 

将来、大学に進学したら何を学ぶのか、
どんなサークルがあるのか調べてみましょう。

 

就職先の企業なら、何をしている会社なのか
給料はどれくらいなのかもわかるでしょう。

 

中学生は、なかなか未来の姿を想像できません。

 

当たり前ですが、この先の人生を経験したことがないからです。

 

便利なインターネット検索で、将来の姿を想像するのを助けてもらいましょう。

 

いろいろな大学や会社を見ることで、
将来の仕事や夢について考えるヒントになります。

 

お父さん・お母さんの青春時代を話す

 

学生時代

 

お父さんやお母さんが中学生だったころを思い出してください。

 

高校受験はどうでしたか?

 

将来の姿は想像できていましたか?

 

お子さんと同じように悩んでいた方も少なくないでしょう。

 

もし思春期に同じように悩んでいたら、
お子さんの話を聞いて共感してあげてください。

 

もし志望校がハッキリしていたなら、
どうやって受験校を決めたか教えてあげてください。

 

お父さんやお母さんの経験を話してみてください。

 

大学や短大のことなど、青春の思い出を語ってください。

 

思春期の楽しかったことや辛かったことを話してください。

 

お父さんお母さんも高校受験を経験して今がある、
そのことがわかるだけでも、お子さんの見る目が変わります。

 

身近な家族の話は、お子さんが自分のことを考えるヒントになります。

 

お父さんお母さんの仕事を話す

 

ビジネス

 

お子さんが将来の仕事や夢について何も決まっていないなら、
家族の方がご自身の仕事について話してあげてください。

 

私の塾で聞いても、親の仕事を知らない子が多いです。

 

仕事内容はもちろん、仕事の喜びも辛さも伝えてください。

 

生きるために必要なお金を得ることができると話してもいいでしょう。

 

世の中にはいろいろな仕事があることを知り、
少しでも仕事の中身がわかるのは良い経験だからです。

 

学校生活と同様に、お子さんが自分の将来を考えるヒントになります。