中学生にスマホを買ったら成績が下がった。

 

スマホと成績

 

上のグラフは、スマホの使用時間と学力テストの関係です。

 

家庭学習の時間に関係なく、グラフが同じ形になっています。

 

スマホを全くしない子に比べて、1日4時間する子は15点下がっています。

 

これは数学だけの結果なので、5教科だと

 

15点×5=5教科75点下がる

 

ということになり、スマホを長く使う子は成績が下がるという客観的データです。

 

文部科学省の学力調査

 

せっかく勉強しても、スマホの時間も長いと
成績は下がっていく一方なんですね。

 

このページでは、中学生がスマホ依存になって勉強しなくなったときに
親は何をしたらいいか対処法を紹介しています。

 

 

中学生のスマホ所持率は?

 

スマホ所持率

 

※総務省のデータより

 

中学生のスマホ所持率は50%ちょっとです。

 

子どもが「友達はみんな持ってる」と言っても、半分なんですね。

 

親と連絡を取らなければならない子どもや
ラインなどをどうしてもしたい子どもは持っているようです。

 

たしかに日常生活で便利なことや役立つこともあります。

 

しかし、スマホに依存してしまうと勉強時間は減り、
それによって成績が下がるのは当たり前のことです。

 

中学生のスマホは良いことがほとんどない

 

スマホ依存

 

スマホが便利で楽しいのはその通りです。

 

しかし、中学生への悪影響が大きいことも事実です。

 

無料ゲーム、動画サイト、ライン、SNS・・
長時間の使用でどっぷりハマッてしまう子もいます。

 

高額架空請求、ネットイジメ、個人情報の漏洩、
アダルト、出会い系、詐欺、薬物・・・・

 

スマホによる悪影響は想像より大きいです。。

 

もちろん、最初にフィルターをかけるとは思いますが、
フィルターを外す裏ワザというもの存在します

 

あなたのお子さんは大丈夫でしょうか?

 

スマホ依存で健康を害してしまう子も

 

寝不足

 

スマホを楽しく便利に使っている間はいいのですが、
長時間の使用で自律神経が乱れる場合もあるそうです。

 

睡眠不足から昼夜逆転した結果、
精神不安になってしまいます。

 

少しのことでイライラしたり、落ち込んだりの症状が出ます。

 

あるいは、偶然にSNSで自分の悪口を発見して、
うつ状態で不登校になる中学生もいるようです。

 

中学生は自己管理ができない

 

私は中学生に勉強を教えていますが、
自分の意志だけで勉強する子はとても少ないです。

 

まだまだ幼く自分のコントロールができません。

 

社会経験や判断力十分でない中学生がスマホを持つのは危険でしょう。

 

ですから、親は安易に買い与えるべきでないと思います。

 

こどもから「スマートフォンを買って欲しい」とねだられているが、
迷っている方は「高校生になってから」と説得するのがよいでしょう。

 

もし、買い与えてしまって成績が下がったと困っているのであれば、
以下の「母が与えた18のルール」が参考になるかと思います。

 

中学生のスマホ 親子でルールを作ろう

 

スマホルールチェック

 

もしすでにスマホを与えているなら、
今からでも使用ルールをつくりましょう。

 

けじめをつけないと限りなく使ってしまうからです。

 

また、学校の成績は確実に下がり
心身への影響も少なくないからです。

 

では「スマホ18のルール」を紹介します。
※ 一部抜粋と私の補足です。

 

所有者は親である私達と伝える

 

安くないお金を払ってスマホを購入したのは親です。
また、通信料などを払うのも親です。

 

所有権は親にあり、こどもがルールを破ったら
スマホは親に返してもらうと伝えましょう。

 

夜間は使用しない

 

夜は平日8時になったら、土日は9時になったらスマホを親に返すこととする。

 

夜間の通話、メールやラインのやりとりは相手と相手の家族にとって
迷惑をかける場合はあると理解させましょう。

 

学校に持っていかない

 

人に何かを伝えるときは、メールやラインでなく、その人間と対話をすること。

 

相手の表情を見ながら人と話すことは、人間の成長に欠かせないことです。

 

もちろん、授業中にスマホに触るなど言語道断。

 

ウソや人を傷つけること、あざむくことに使ってはいけない

 

ネットでのいじめには加害者になっても、被害者になってもいけません。

 

誘われても断る勇気を持たなければいけません。

 

現代の便利なツールは、人を不幸にするために作られたのではありません。

 

テスト期間は夕方の一時間の使用

 

テスト期間は夕方の1時間だけ使用を許可する。

 

スマホを買ったせいで成績が下がったといわれないように努力させる。

 

勉強だけでなく、こどもの安全のために

 

楽しい学校生活

 

学校に持っていかない・夜間に使用しない・テスト前は1時間。

 

この3つを守らせるだけで、おそらく変化が表れるでしょう。

 

これらのルールは、こどもをネットの危険から守るために必要なことです。

 

まずは家族のみなさんでルールを話し合い、みんなで守るという意識を共有してください。

 

お子さんは反発するかもしれませんが、お子さんの安全と幸せのためと伝えましょう。

 

メール講座