中学生の勉強。親は何をすればいいでしょうか?

子どもの成績を上げるのに、親の接し方はとても大切です。

 

中学生の子どもの学力をあげるのに、親は何をすればいいでしょうか?

 

 

親がしてはいけないことは?

 

叱る母

 

少し耳が痛いかもしれませんが、

 

次の3つをやっていないかチェックしてみてください。

 

いつも叱ってばかりいる

 

子どもが家や学校で心おだやかに過ごし、

 

勉強にがんばるのに一番必要なのは、お母さんの笑顔です。

 

そして、子どもはいつもお母さんの笑顔を見たいと思っています。

 

ですから、テストの点数や成績のことで

 

お母さんに怒られるのはとてもショックなんです。

 

また、経験上、子どもを叱って成績が良くなることはありません。

 

お仕事でも、叱られて頑張るというのは難しいことです。

 

兄弟や友達と比べる

 

「お兄ちゃんは勉強できるのに」

 

「〇〇さんはトップクラスらいしいわね」

 

このように兄弟姉妹や知人と比べられるのを

 

子どもはとても嫌がり、傷つきます。

 

ありのままの自分を受け入れて認めてほしいと願っているからです。

 

他の子と比べることは、成績アップにつながりません。

 

過干渉や先回り

 

中学生はまだ自己管理がしっかりできません。

 

ゲームやスマホなどの誘惑も多いので、

 

自分からすすんで勉強することは期待しないほうがいいです。

 

ただ、だからといって

 

「あれしなさい・これしなさい」と過干渉になるのも逆効果です。

 

なぜなら、子どもは親から自立したいと思っているからです。

 

では、子どもの自立心を育むチャンスをうばうとどうなるか?

 

自分で考えたり判断したり行動しない子になります。

 

つまり、何でも指示を待ってばかりいる子になります。

 

勉強でも「やらされている」という意識が強くなるのです。

 

声をかけないと勉強しないけど、おせっかいになりすぎてもいけない。

 

バランスがとても大切ですね。

 

子どものやる気を出させる方法は?

 

良しとほめる

 

子どもを勉強に向かわせ成績アップするには、

 

親はどんなことをすればいいでしょうか?

 

ズバリ、やってはいけないことの反対をすれば子どもは伸びます。

 

褒める・認める

 

子どもは親から褒められたいと願っています。

 

ほかの誰より、子どもは親に褒められるのが一番うれしいです。

 

ですので、子どもの良いところを見つけて褒めてあげてください。

 

もし、今の成績が良くなくて褒めてあげられないなら、
勉強以外の部分で良いところを見つけてあげれば大丈夫です。

 

  • 気持ちが優しい
  • 兄弟の面倒をみてくれる
  • 運動部でがんばっている
  • 好きな音楽に熱中している
  • 笑顔がかわいい

 

ほめてあげることでこちらへの信頼感が生まれ、
反抗している子が素直さを取り戻すこともあります。

 

子どもの自己肯定感を高めてあげ、子どもを伸ばしてください。

 

自己管理をさせる

 

自己管理表

 

親が「ああしなさい・こうしなさい」と言う。

 

この反対は、子ども自身が自己管理をすることです。

 

しかし、中学生はまだまだ自己管理ができません。

 

ただ、高校生になると自分のやるべきことを自立的にやる必要が出てきます。

 

ですから、中学のうちに少しずつでも自己管理の習慣を作りましょう。

 

自己管理できる子は高校受験にも非常に強いです。

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

成績の良い子の勉強法公開

 

〜中学生親子必読の勉強マニュアル〜

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

 

 

 

中学生の育て方、反抗期の対応へ

 

中学国語勉強法へ

 

中学数学勉強法へ

 

中学英語勉強法へ

 

中学理科勉強法へ

 

中学社会勉強法へ

 

中学テスト勉強のやり方へ

 

高校受験勉強法へ

 

中学生のおススメ問題集へ

 

中学生の勉強法トップへ

中学生の成績を上げる親のサポート法記事一覧

成績の良い子はどんな性格?点数の良い子に共通することは?親や家庭はどんな特徴がある?中学生で成績の良い子の特徴や親の接し方、家庭の様子をお伝えします。20年ほど中学生を教えてきて、キーワードは4つあると思います。環境・心・自立・方法です。とても大事な4つですので順に詳しく説明していきます。1、環境と心が整っているテストの成績が良い子の家庭は、勉強する環境が整っています。環境というのは、勉強に集中で...

多くの中学生と保護者の方と接してきた経験から、残念なことに親の言動がお子さんの学力にマイナスとなってしまうことがあります。そうならないために、中学生の親がしてはいけない3つのことをお伝えします。少し耳の痛い話もあるかもしれませんが、3つのことを心に留めてください。お子さんを自立を手伝い、成績を上げるためと考えてください。1、勉強しなさい!と怒ってばかりいる子どもが勉強しない、テストの点数が悪い、通...

成績が良い子の特徴は、環境・心・自立・方法の4つが整っていること。これらのキーワードはお子さんの成績アップに欠かせません。では、親はどこまで子どもの勉強に関わればいいでしょうか?親は手伝った方がいい?親としてできることは?「勉強しなさい!」と言っても聞かない。何も言わないと全然勉強しない。でも、教えようとするとイヤがられるかもこのように悩んでいる方は参考にされてください。中学生はまだ自己管理ができ...

「どうしたら子どもはやる気が出るのだろう?」このように悩んでいる親御さんはとても多いです。しかし、勉強のやる気スイッチは親が押せるものではなく、子どもが自分で押すものです。何か自己肯定感が高まるキッカケがあると「勉強頑張ろう!」とスイッチが入ります。実は、成績が良い子も最初からやる気があって勉強しているのではありません。幼少時代から親が自己肯定感を高めてやる気を出させてきたのです。ここでは、今から...

中学生は年間に数回のテストがありますね。テストが返ってくると、お子さんだけでなく保護者の方も一喜一憂すると思います。成績が下がってしまったら、どうしたらいいでしょうか?私の失敗談も含めてお話させてください。成績が下がったことを怒っても成績は上がらない学校のテストが終わると、塾では結果を集計して生徒一人ずつに声をかけます。そうして20年間子どもと接してわかったことなのですが、成績のことで子どもを叱り...

あなたはお子さんと会話をしていますか?子どもとの会話で心を支えるキーワードは、「共感」です。共感することで親子の信頼関係が深まり、良好なコミュニケーションができます。良くない親子の会話こんな例から見てみましょう。お子さん   「今日のテストできなかった」お母さん   「だから勉強しなさいって言ったのに、もう。」お子さん    「・・・・・」お母さん   「何点だったの?次は頑張りなさいよ」お父さん...

自立している子は勉強ができる成績が伸びる子の特徴の一つとして「自立」があります。塾の体験学習で私が見るのは、その子が「自分で考える子か」という点です。例えば、うっかりノートを忘れたとしましょう。Aさんは「先生、ノート忘れました!」と言います。元気がいいのは良いのですが、これでは成績の伸びは期待できません。忘れたことを報告して自分の仕事は終わったと思っているからです。Bさんは「先生、ノート忘れたので...

保護者の方は、入試の日が近くなるほど視野が狭くなりやすいものです。知り合いの方から受験の情報が入り、不安が大きくなるかもしれません。頭の中が受験の事ばかりになり、悪い想像をしてしまうこともあるでしょう。そんなときはどうしたらいいでしょうか。最悪の場合をシミュレーションしておく「落ちたらどうしよう・・・」受験生の親なら、だれもが心配になると思います。一度でも悪い想像してしまうと、ますます心配や不安が...

子供の将来はだれでも心配になりますね。自分の気持ちを落ち着いて分析して、子どもの自立をうながし、上手に接してください。子どもを叱ってばかりいる方へ子供の将来が心配で、気持ちをぶつけてしまう方は多いでしょう。1、今この瞬間のことを言う場合テレビの時間が長いよ!もうすぐテストでしょ?勉強は?勉強しないとわからなくなるよ?2、高校入試について不安なとき来年の高校入試はどうするの?少しは受験のこと考えなさ...

国語のテストの点数が悪い。「こんな言葉も知らないの?」と我が子の語彙力のなさに驚く。そんな経験はありませんか?「うちの子は本を読まないから・・」原因をそう考えることもあるでしょう。本を好きかどうか?読書をしているか?実は、読書は国語のテストの点数に直接関係ありません。まれにですが、読書が好きでも国語の点数が取れない子はいます。しかし、国語だけでなく全ての教科について読書は語彙力や想像力の面で大きな...