高校受験勉強法

高校合格

 

高校受験の勉強法を紹介しています。

 

第一志望校に合格できるとめちゃくちゃ嬉しいですよ!

 

その瞬間を目指して頑張りましょう!

 

 

1年間のおおまかなスケジュールは?

 

カレンダー

 

ただガムシャラに頑張るのもいいですが、
いつ・何を勉強すべきか」分かっていた方が効率的に勉強できます。

 

入試までの1年間の流れを紹介します。

 

4月〜7月

 

 

中学3年生の春はいろいろ忙しいですね。

 

学校の勉強はもちろんですが、
部活動は県大会出場を目指すハードな練習があります。

 

学校行事も多く、修学旅行や春に運動会をする地域もあります。

 

ですから、この時期は受験勉強というよりも
1学期の中間・期末テストに集中するほうがいいです。

 

数学は1学期の計算を2学期と3学期にたくさん使います。

 

2学期からの成績を伸ばすためにも、学校の学習内容を中心にがんばりましょう。

 

高校受験生が夏休み前までにしえおきたいこと

 

夏休みから本格的な受験勉強スタート

 

6月末まで部活動も悔いのないようにやりきってください。

 

それが終わったら、気持ちを切り替えて受験勉強スタートです。

 

夏休みは受験勉強に慣れる期間です。

 

たっぷりある時間を使い、1年生・2年生の復習をしましょう。

 

わかっているつもりの分野も忘れているので、しっかり振り返りましょう。

 

夏は『受験の天王山』です!

 

高校受験の夏休み勉強法はこちら

 

秋は苦手を克服しよう

 

9月から実力テストが増えます。

 

校外模試も積極的に受けてみましょう。

 

テストや模試を受けると、自分の苦手分野が見えてきます。

 

秋はそれらの苦手分野を克服する時期です。

 

基礎から復習すべきなら、9月からがラストチャンス!

 

高校受験9月からの勉強法はこちら

 

冬は応用演習と実戦練習

 

11月、12月、1月は入試レベルの問題にチャレンジです。

 

応用問題をたくさん解いて実戦力をきたえましょう。

 

応用問題は1回でなかなか正解できないです。

 

でも、考え方と解き方を覚えるチャンスと考えてください。

 

2回、3回と繰り返して解けるようにしていけば大丈夫です。

 

直前は基礎の確認もやっておきましょう。

 

本番でケアレスミスを防ぐためです。

 

高校受験 冬休みの勉強法はこちら

 

内申書はどれくらい影響する?

 

通知簿渡し

 

内申書とは、中学校での成績をまとめた調査書のことです。

 

高校入試は5教科の筆記試験と調査書で合格・不合格が決まります。

 

では、内申書はどれくらい影響するのでしょうか?

 

内申の影響は、都道府県や受験高校によって違います。

 

中学3年間すべての成績を考慮する場合や、
3年生の成績だけを見る場合があります。

 

全国いっしょではないので、中学校の先生に聞いて確かめてください。

 

受験勉強のやる気の出し方は?

 

勉強をがんばる

 

受験勉強の一番大きなモチベーションは、志望校合格ですね?

 

ですから、早い段階で行きたい高校が決まっているのがいいです。

 

3年生は高校の見学などもありますが、夏休み前に決まっているのがベストです。

 

まだ志望校が決まっていないなら、高校のウェブサイトを見ましょう。

 

グーグルで『〇〇県 高校』と検索すれば、一覧が出ます。

 

受験高校を選ぶポイントはいくつかあります。

 

  • 大学の合格実績が良いところ
  • 取りたい資格や技術が身につくところ
  • やりたい部活動があるところ
  • 家から近くて通学が便利なところ
  • 憧れの先輩がいるところ
  • 制服がかわいいところ

 

高校で一番大事にしたいのは何か決めて、家族でよく相談して決めましょう。

 

勉強時間はどれくらいすればいい?

 

時計

 

勉強時間のは時期によって違ってきます。

 

目安を参考にしてください。

 

  1. 4月〜7月・・平日1時間、土日2時間
  2. 夏休み・・1日6時間以上
  3. 9月〜冬・・平日3時間 土日8時間
  4. 直前・・無理せず、風邪をひかないこと

 

時間の長さにこだわるよりも、勉強を習慣化(ルーティン)することが大切です。

 

勉強するときは集中して、リラックスの時間はのんびり。

 

メリハリをつけた生活を心がけましょう。

 

5教科の勉強法は?

 

5教科

 

各教科の勉強法の一番のポイントを紹介します。

 

くわしくは下のページをお読みください。

 

国語の勉強法

 

本文中に正解または正解の根拠があるので探しましょう。

 

根拠は問題集の解説に書いてあるので、解説を読むことが大切です。

 

漢字や文法、表現技法は暗記と割り切ってください。

 

高校受験国語の勉強法をくわしく

 

数学の勉強法

 

数学は解き方を暗記する教科です。

 

問題の考え方と解き方が理解できたら、繰り返し練習して覚えましょう。

 

応用問題も、1回目で解けなくても2回・3回と繰り返して覚えます。

 

高校受験数学の勉強法をくわしく

 

英語の勉強法

 

英語は基本英文と単語を読んで書いて練習しましょう。

 

音読し→日本語の意味→暗記の学習順が大切です。

 

英語が苦手な人は、まず音読をしっかりやりましょう。

 

高校受験英語の勉強法をくわしく

 

理科の勉強法

 

理科は暗記分野と計算(理解)の分野が混ざっています。

 

用語は暗記なので、何度も読み書きして覚えましょう。

 

計算は公式を使うので、基本問題をやりながら公式を使えるようにします。

 

計算分野は応用が無限にあるので、難問はやらなくていいです。

 

記述問題は、正解の意味を理解してから自分の手で文章を書いてみることが大切です。

 

高校受験理科の勉強法をくわしく

 

社会の勉強法

 

社会の苦手な人は、学習マンガから始めるのもいいでしょう。

 

小学生向けのものでも構いません。

 

最初は問題集1冊を完璧にしてください。

 

わからない言葉は用語集で意味を確かめながら進めましょう。

 

高校受験社会の勉強法をくわしく

 

5教科のおススメ問題集は?

 

5教科問題集

 

書店に行くと問題集がたくさん売っています。

 

大切なのは、自分の学力や志望校にあったものを選ぶことです。

 

5教科すべて同じ問題集でそろえる必要はなく、
教科によって基礎の問題集、発展問題集と分けていきましょう。

 

また、中学校で配られたものがあるなら、持っているものをやれば大丈夫です。

 

あれもこれも中途半端になるなら、買わないという選択もありです。

 

高校受験生の親の役割は?

 

褒める親

 

高校受験生の親の役割は3つあります。

 

この3つは、お子さんの成長と良好な親子関係に欠かせないものです。

 

1、自己肯定感を高めてあげる

 

1つは、子どもに「自分はできる!」と思わせることです。

 

受験は子ども自身が一番不安なので、親は「大丈夫!」と励ましてあげてください。

 

努力している姿があれば「頑張っているわね」と褒めてあげてください。

 

親の応援が子どものやる気を育てます。

 

2、必要な環境を用意する

 

中学生はまだ自己管理ができないので、親が管理する必要があります。

 

ただ、一方的に命令や指示をしても聞く年齢ではありません。

 

ですので、高校受験成功のために家族で話し合ってルールを決めましょう。

 

  • スマホは何時〜何時に使うか
  • 勉強は何時から始めるか
  • 何時に起き、何時に寝るか

 

これらは子どもの心と身体の健康に必要なルールです。

 

家族で共有して守るようにしていきましょう。

 

3、勉強のやり方や問題を解く技術

 

親御さんが家で子どもに勉強を教えたり、やり方を教えるのがベストです。

 

しかし、大人も忙しく現実的に難しいでしょう。

 

そんなときは、第3者に勉強のやり方や問題の解き方を教えてもらいましょう。

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

志望校に合格する勉強法

 

偏差値40台→60の高校合格!

 

高校受験勉強法

 

 

 

関連おススメ記事

 

中学国語勉強法へ

 

中学数学勉強法へ

 

中学英語勉強法へ

 

中学理科勉強法へ

 

中学社会勉強法へ

 

中学テスト勉強のやり方へ

 

親のサポート法へ

 

中学生のおススメ問題集へ

 

中学生の勉強法トップへ

高校受験勉強法|志望校に合格する方法記事一覧

受験勉強は進んでいますか?ふだんは頑張っているつもりでも、どうしてもヤル気が起きないときもありますね。また、テストや模試の結果がよくなくて、モチベーションの維持が難しいときもあるでしょう。そんなときのやる気の出し方や保ち方を4つ紹介します。今日からできることばかりなので、自分にあったものを取り入れてみてください!1、やることリストを作る受験までの準備では、最初に「自分は何を勉強すればいいのか」決め...

中学生なら内申書という言葉を聞いたことがあると思います。では、内申書(調査書)とはいったいどんなものでしょうか。また、内申点はどのように計算するのでしょうか?高校受験生は必ず知っておきたいですし、中学1年生・2年生も今から内申アップ方法を実践しましょう。1、内申点=ほぼ通知簿の点内申書は中学生活の成績や学校活動をまとめたものです。一般的な通知表の評価は5段階ですから、9教科×5段階×3学年=135...

10月、11月、12月の模試は結果が出るまでドキドキですね。私の塾でも9月から毎月模試を受けてもらいます。順調に伸びている子、現状維持で踏ん張っている子、残念ながら前回より偏差値が下がってしまった子とさまざまです。この時期ですので、下がってしまうとお父さんお母さんも焦りますね。模試で合格判定が良くなかった・・志望校を下げた方がよいか?このまま頑張らせるのがよいのか?そんなときは、どのように考えると...

秋は来春の入試に向け、模擬試験受験者数が一気に増えます。いろいろな模試があり、どれを受ければよいか迷うかもしれません。また、どのように受ければ効果的か知っておきたいです。高校受験模試の受け方、注意したい点、アドバイスをお伝えします。1、最大規模の模試を受けよう高校受験模試を選ぶときの基準は県内で受験人数が最大の模試ということ。では、どれくらいの子どもが受ける模試でしょうか?受検者3000名以上にな...

春から中3になった人は、ワクワクしていることでしょう。中学生活で最大のイベント、修学旅行があるからです。でも、高校受験のことも気になっていると思います。周囲の友達や親が騒ぎ始めるので、ソワソワしている人もいるのではないでしょうか?中3生は学校行事や部活も勉強も、どれも大切にしてほしいです。自分の希望を叶える高校受験のためにも、充実した1学期にする方法を紹介します。部活動とテスト勉強の両立多くの中学...

夏休み明けの実力テストはどうでしたか?けっこう頑張ったのに点数が上がらなかった。塾の夏期講習で頑張った成果が出た。応用が増えて思ったより難しかった。いろいろな感想があると思います。塾をやっている私から見ますと応用問題が多くて思ったより点数が取れなかった人が多いと思います。では、これから9月、10月と秋に向けてどんな勉強をしていけばよいでしょうか。テストの結果別、3つのアドバイスを紹介しますね。1、...

高校入試の模試(模擬試験)を受けると、偏差値が出ます。偏差値って何でしょうか?なぜ偏差値が必要なのでしょうか?点数だけで順位が決まれば、だれでもわかりやすいですよね?このページでは、高校受験偏差値の目的と意味をわかりやすく説明します。偏差値が必要な理由は?なぜ、テストの点数とは別に偏差値が必要なのでしょうか?それは、そのときのテストの難しさやテストの受験者が違うからです。簡単なテストと難しいテスト...

中学3年生は高校入試に向けて、一日どれくらい勉強すればいいでしょうか?夏休み前、夏休み中、秋、直前の勉強時間を書きます。「こうじゃなきゃダメ!」というものではないので、気楽に読んでくださいね。夏休み前の勉強時間中学3年も、7月くらいまで部活動をしている人がほとんどだと思います。最後の大会まで頑張って、悔いのない部活引退にしたいですね。普段の授業の復習を中心にして、毎日の授業と部活動の両立を目標に頑...

高校入試では、必ず過去問練習をしておきたいですね。では、いつごろ何年分をやってみるといいでしょうか?過去の入試問題は直前になる前に解いてみよう。11月末〜12月上旬の期末テストが終ったら、いよいよ受験も追い込みの時期ですね。そろそろ入試問題を解いておきたいところです。中学校の実力テストや模試などもあり、忙しいとは思いますが、冬休み前に2年分は解くことをオススメします。なぜ、冬休みの前に解いてみるの...

12月、冬休み、いよいよラストスパートをする時期です。年が明けて1月には実力テスト、模試があると思います。この1月の校内実力テスト、校外模試で進路が決定しますから、非常に大事なテストですね。そして入試本番まであと1ヶ月、2ヶ月足らずかと思います。どんな勉強をすればいいでしょうか?12月の大きなテストが終ったら、「攻めの勉強」から「守りの勉強」に切り替えてください。前へ前へ進む勉強から、少し振り返っ...

2月中旬から3月初旬にかけてが、高校入試が行われるピークですね。1週間前から当日の過ごし方について、親が気をつけるべき事や声かけのアドバイスです。とにかく健康第一で!直前に最も気をつけるべきは、インフルエンザなどの病気です。早寝早起きを徹底し、栄養と睡眠をたっぷりとらせてあげてください。勉強を頑張っているといっても、就寝は12時を過ぎることのないようにしてください。本人は病気に気をつけていても、ク...

20年ほど高校受験の指導をしてきますと、志望高校に合格できる親子には共通することがあるとわかります。ここでは技術的なことではなく、精神的な支えとしての親の役割を考えましょう。高校受験生の親の対応、注意することは?親子が同じ方向を向いている受験勉強を本格的に始める夏になっても家としての方針が定まらない家庭があります。最悪の場合、親子ケンカに発展する場合も。これでは子どもが勉強に集中できません。まずは...

このままでは志望校不合格。ところが、勉強法を変えたら勉強のやり方を知って見事に逆転合格!    Fくんは数学が苦手でした。    勉強をしても成果に結びつきませんでした。    「頑張っているつもりだけど、なぜ?」    担任の先生からは「志望校合格は難しい」と言われ、    ショックを受けていました。    悩んでいるある日、Fくんはこのサイトを見つけ、    両親と相談し「高校受験勉強法」を購...

数学は得意・不得意が分かれやすい科目ですね。不得意な人も勉強のやり方を知って、高校受験を乗り切りましょう。受験数学の勉強のコツとおススメ問題集を紹介しますね。ぜひ、志望校に合格してください!定期テストの数学勉強法はこちら数学は解法パターンを覚えよう!数学は解き方を覚える科目です。成績の良い子も、その場で解き方を考えているのではなく、解法のパターンを覚えていて正解しています。もちろん、そのために公式...

英語は数学と並び、とても大事な教科ですね。どんな高校に進学しても英語は必修なので、苦手な人も受験がチャンスと考えて勉強しましょう。分野別の勉強法とおススメ問題集を紹介します。定期テストの英語勉強法はこちら英語長文問題の勉強法英語の高校入試対策で欠かせないのが長文読解ですね。そして、苦手な中学生が多いのも長文です。ここでは長文をはやく正確に読んでいく方法を紹介します。スラッシュリーディングスラッシュ...

理科の勉強は好きですか?理科は「生物・地学・化学・物理」の4つの分野に分けられます。高校入試に向けての理科の勉強法とおススメ問題集を紹介します。定期テストの理科勉強法はこちら暗記分野でしっかり点数を取ろう!理科が苦手な受験生は、暗記分野を攻略しましょう。理科の用語を覚えていれば得点できる部分です。植物や動物、地層、天気、化学式などの用語をたくさん覚えてください。用語をしっかり覚えていれば、30〜4...

国語の入試対策はしていますか?何をどう勉強していいか分からない受験生が多いと思います。国語の高校受験勉強のやり方とおススメ問題集を紹介します。定期テストの国語勉強法はこちら説明文・小説の読解方法を知ろう!説明文や小説の読み取り問題をするとき、なんとなく答えを書いていませんか?読み取りにもコツがあるので紹介します。コツは本文中に答えの根拠を探すということです。例題をあげてみます。ケンジは青い海・青い...

社会は暗記の科目ですが、最近は記述も増えましたね。資料を読み取る問題も多くなっています。高校入試対策「暗記・資料・記述」の社会勉強法と問題集を紹介します。定期テストの社会勉強法はこちら高校受験社会の暗記法社会は大部分が暗記の教科です。記述問題もありますが、記述に答えるには基礎知識が必要ですよね?暗記が苦手な人に、社会の暗記のコツを紹介します。基礎用語をしっかりと覚える暗記をするときのコツは、一度に...

高校受験校はどう決めればいいでしょうか?子どもが自分だけで決めるのではなく、もちろん親が一方的に決めるのでもなく、家族で相談しながらベストな選択をしたいですね。進学先になるかもしれないので、慎重に何度でも話し合って決めたいです。ここでは受験高校を決める6つの価値観を紹介します。6つのどれを最優先するのか、相談の軸となると思います。1、子どもの将来の職業・夢子どもが夢見ている将来や希望を最優先して受...

多くの受験生と保護者の方と接してきました。残念なことに親の言動が受験にマイナスとなってしまうことがあります。そこで受験生の親がしてはいけない3つのことをお伝えします。少し耳の痛い話もあるかもしれませんが、3つのことを心に留めていただき、お子さんと一緒に高校受験を成功させてくださいね。1、イライラ・不安を子どもにぶつける子どもが勉強しない成績が伸びない志望校の判定が悪い高校受験では、親子ともにイライ...

高校受験の勉強、がんばっていますか?受験勉強では、得意科目を伸ばす方が有利でしょうか?それとも、不得意科目を克服するほうがいい?学習塾で20年以上の受験指導をしてきた結論を紹介します。不得意教科の優先しよう!20年以上の高校受験指導の結論としては、得意を伸ばすより苦手分野を減らすのがベスト。だれでも得意な教科や好きな分野は楽しいですよね?できれば、不得意な分野は勉強したくないと思います。その気持ち...

高校のスポーツ推薦や一般入試で面接試験を行う高校があります。面接試験もしっかりと準備して練習すれば怖くありません。面接試験の受け方のコツと注意点を紹介します。ぜひ志望高校合格を勝ち取ってください!キミにとって「面接」は初めての経験ですか?経験がないことは怖く感じるものですが、大丈夫です。まず、「なぜ面接があるのか」を高校の校長先生の立場で考えてみましょう。なぜ面接試験が必要か?なぜ面接試験が必要な...

高校受験で面接を受けることになったら、よく聞かれる質問に自分の回答を用意しておきましょう。必ずといっていいほど聞かれる質問は決まっているので、家庭や学校で答える練習をしておくといいですね。それでは、代表的な質問と回答例を紹介します。例を参考にして、自分の回答を準備してください。答え方のアドバイス全ての質問に共通の答え方です。どんな質問にも、基本的にこの言葉で答えるようにしましょう。はい。私は〜。で...

高校受験直前の数学勉強法を紹介します。数学はまだ伸ばすことができるので、最後まであきらめずにがんばりましょう!1、大問1(小問集合)の全問正解多くの都道府県では、数学の大問1は小問集合です。小問の計算問題や基礎問題は完璧にしておきたいです。過去の入試問題の計算問題を3年分は解き、解きなおしをきちんとやって、大問1の満点を目指します。学力レベルに関係なく、基礎問題の失点は大きく響きます。できる問題を...

高校受験の1か月前〜直前の理科の勉強法を紹介します。理科は入試直前の時期でも伸びしろがあります。学力レベル別の対策があるので、参考にしてください!1、平均点が取れない人は一問一答理科が苦手でなかなか点数が取れない人。テストで50点未満の人。一問一答の問題集を反復して解きましょう。覚えていたら正解できる理科用語の問題ですね。でも、やみくもに覚えようとしないでください。用語の意味を教科書や用語集で確認...

高校受験の直前の国語勉強法を紹介します。入試1か月前に何をしていいかわからない人は参考にしてください。国語もまだ伸びます、合格目指してがんばろう!1、日本語の長文に毎日触れる国語の長文は、長いあいだ読んでいないと、読む感覚やスピードもにぶってしまいます。久しぶりに読むと、「うわ!」と圧倒されることでしょう。ですから、少しずつでも毎日触れることが大切です。かといって、毎日新しい長文を読む必要はありま...

高校受験当日に向けて、頑張っていることと思います。入試1か月前から直前までの英語勉強法を紹介します。合格目指してがんばってください!毎日、英語長文を読もう!英語や国語の長文は、しばらく読んでいないと読む感覚を忘れてしまいます。いつも読んでいないと、読むスピードが遅くなってしまうのです。久しぶりに長文を見たら、「うわー」と圧倒されますよね?ですから、できるだけ毎日読むことをおススメします。といっても...

高校受験に向けて、頑張っていると思います。高校入試1か月前からの社会勉強法を紹介します。1、社会が苦手な人は一問一答社会が苦手でなかなか点数が取れない人は、一問一答の問題集を反復して解きましょう。覚えていたら正解できる用語の問題ですね。用語の意味を用語集で確認しながら一つ一つ確実に暗記していきましょう。問題集の巻末に一問一答の特集があると思います。覚えるときのコツは歴史は時代・人物・出来事地理は場...