入試過去問は12月〜冬休み前にやろう

 

過去の入試問題は直前になる前に解いてみよう。

 

11月末〜12月上旬の期末テストが終ったら、
いよいよ受験も追い込みの時期ですね。

 

そろそろ入試問題を解いておきたいところです。

 

中学校の実力テストや模試などもあり、忙しいとは思いますが、

 

冬休み前に2年分は解くことをオススメします。

 

なぜ、冬休みの前に解いてみるのがよいか?

 

さらに、なぜ過去の問題を解いておくのか?を確認しましょう。

 

1、過去問は志望高校の傾向と対策を知る手段。

 

私立は各高校によって、公立は地域によって入試問題が大きく違います。

 

例えば、東京だと記号で答える問題が非常に多いです。

 

一方、私の石川県は記号問題はほとんどなく、
自分で答えを記述する問題がほとんどです。

 

そのうち文章記述が100点のうち50点以上だったりします。

 

英語にしても、リスニングのあるなし、英作文のパターン、
長文読解の量など、はっきりとした特徴があります。

 

過去問をやらずに本番を迎えるのは無謀で、
地図も持たずに知らない土地に出かけるようなものです。

 

そして「敵を知り、己(おのれ)知れば百戦危うからず」です。

 

戦うべき敵の特徴をよく知っておき、作戦を練ります。

 

そうすれば、合格を勝ち取りやすくなります。

 

2、過去何年分解けばいいか

 

私のオススメは4年分です。

 

2年間分は「敵と己を知る」ために使いましょう。

 

繰り返しますが、冬休み前がよいでしょう。

 

2年分は時間を計らずに、自分のペースでじっくり取り組みます。

 

自分で採点し、作文などは学校の先生に添削してもらいましょう。

 

2年間分をやってみれば志望高の特徴を知ることができます。

 

なかでも、正解しなかった問題が出てくることでしょう。

 

正解したこと、正解できなかったことが「己」です。

 

冬休みに苦手を徹底的に練習しよう。

 

「己」の弱点が冬休みの課題となります。

 

理科や社会、数学はできていない分野を洗い出し、
教科書レベルの確認から始めます。

 

まだ間に合うので、焦らずに基礎から復習しましょう。

 

ただし、まだ中学校で習っていないところは除きます。

 

あと2年分は冬休み中か、冬休み明けに「時間を計って」やります。

 

時間自由でやるのとは緊張感が違うことでしょう。

 

それが本番に向けての良い練習になるのです。

 

まだ過去問を手にとってもいない場合は、
冬休み前にトライしてみることをオススメします。

 

学力は春までにまだまだ伸びます。

 

体調に気をつけてがんばってください。

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  • 計画の立て方がわかります。
  • おススメ問題集がわかります。
  • やる気の出し方がわかります。
  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

合格

 

合格者の声・無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強法