高校受験対策|社会の勉強のやり方は?

 

社会は暗記の科目ですが、最近は記述も増えましたね。

 

資料を読み取る問題も多くなっています。

 

高校入試対策「暗記・資料・記述」の社会勉強法と問題集を紹介します。

 

定期テストの社会勉強法はこちら

 

 

高校受験社会の暗記法

歴史人物

 

社会は大部分が暗記の教科です。

 

記述問題もありますが、記述に答えるには基礎知識が必要ですよね?

 

暗記が苦手な人に、社会の暗記のコツを紹介します。

 

基礎用語をしっかりと覚える

 

中学社会用語集

 

暗記をするときのコツは、一度に全部覚えようとしないことです。

 

細かいところまで一度に全部覚えようとすると、
途中で挫折したり、時間が足りなくなったりします。

 

最初は教科書の太字の用語だけを覚えれば大丈夫です。

 

また、用語の意味を理解しておくことも大切です。

 

意味も分からずに覚えても意味がないですよね?

 

理科と同様に『旺文社 中学社会用語集』は持っておきましょう。

 

問題集は3回やろう!

 

歴史ニューコース

 

おススメの問題集は『学研 ニューコース』です。

 

1回で覚えられないのは普通のことなので、
入試までに3回以上は繰り返して覚えましょう。

 

中学校の実力テストや校外模試を受けたら、
自分の苦手な分野が分かると思います。

 

その苦手部分を集中して繰り返すのもいいでしょう。

 

社会が苦手な人は「ひとつひとつ」から

 

中学歴史ひとつ

 

  • 小学校から歴史が苦手・・
  • 歴史の流れがわからない・・
  • 基本からもう一度復習したい・・

 

このような受験生には『中学歴史をひとつひとつわかりやすく』をおススメします。

 

イラストもたくさんあって、面白く勉強することができます。

 

社会が苦手な中学3年生にとって、
高校受験勉強のはじめの一歩として最適です。

 

覚えられない時だけノートまとめ

 

社会まとめノート

 

テスト前などに「まとめノート」をつくっている中学生がいます。

 

まとめることは悪いことではありませんが、
まとめるよりも問題を解く方が覚えられます。

 

だから、3回繰り返しても覚えられない時だけ
「まとめ」をするのがいいでしょう。

 

「つながり」でまとめて覚えよう

 

まとめノートを作るときは、知識のつながりを意識しましょう。

 

豊臣秀吉を例にします。

 

豊臣秀吉

 

人物:豊臣秀吉
時代:安土桃山時代
したこと:太閤検地・刀狩
目的:兵農分離

 

このように、資料と人物・できごと・したことなどを
「つながり」としてまとめていくのがいいでしょう。

 

この方が覚えやすく、忘れにくいからです。

 

資料の読み取りと記述問題

 

歴史記述のコツ

 

社会は資料の読み取りや記述問題が多くなりましたね。

 

これは、知識の暗記だけでなく、知識の活用や表現する力を見るためです。

 

具体的な対策としては、教科書の細かいところも読むこと。

 

記述式は、教科書に書かれていることを答えるのが半分くらいです。

 

教科書は中学での勉強の原点ですから、大事にしましょう。

 

もう一つは、学校のワークや市販の問題集で練習すること。

 

最近は記述問題集も販売されているので、購入してもいいでしょう。

 

上の画像は『秀英予備校 記述問題のコツ シリーズ』です。

 

書店やアマゾンで探してみてくださいね。

 

以上、高校受験の社会勉強法を紹介しました。

 

ぜひ志望校に合格してくださいね!

 

応援しています!

 

数学のおススメ高校受験問題集はこちら

 

高校受験メール講座

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  • 計画の立て方がわかります。
  • おススメ問題集がわかります。
  • やる気の出し方がわかります。
  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

合格者の声・無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強法