国語の高校受験勉強のコツは?

国語の入試対策はしていますか?

 

何をどう勉強していいか分からない受験生が多いと思います。

 

国語の高校受験勉強のやり方とおススメ問題集を紹介します。

 

 

定期テストの国語勉強法はこちら

 

説明文・小説の読解方法を知ろう!

 

小説

 

説明文や小説の読み取り問題をするとき、
なんとなく答えを書いていませんか?

 

読み取りにもコツがあるので紹介します。

 

コツは本文中に答えの根拠を探すということです。

 

例題をあげてみます。

 

ケンジは青い海・青い空が広がっている写真を見ていた。

 

真っ黒に日焼けした自分とショウタが肩を組み笑っている。

 

ケンジは口を真一文字に結んでいた。

 

「父さん、やっぱり俺・・」

 

とうとう我慢していた言葉が口をついた。

 

「すまんケンジ。東京への引っ越しはもう決まったことなんだ。」

 

問題:「父さん、やっぱり俺・・」と言ったときのケンジの気持ちを考えて答えなさい。

 

  • 真一文字(まいちもんじ)=沈黙
  • いっしょに笑っている友達
  • 東京への引っ越し

正解例:本当は引っ越したくないという気持ち

 

小説の場合は、場面の状況、登場人物の表情、セリフが答えの根拠になります。

 

説明文や随筆も、本文中に答えを探して読解するようにしてください。

 

具体的には、「ここが根拠かな」と思った部分に線を引くなどするといいですね。

 

高校受験におススメ国語問題集

 

くもん

 

私のおススメは『くもんの中学国語の総復習』です。

 

基本→発展→完成の流れで中学国語のまとめができます。

 

もちろん、説明文・小説・随筆・古文漢文のすべての分野の練習ができます。

 

ひとつひとつ国語

 

上の問題集が難しいと感じる中学生には
学研 ひとつひとつわかりやすく』がいいでしょう。

 

文字が大きく、薄いので短時間で一冊やり切れると思います。

 

国語が苦手な受験生は、最初のスタートとして最適です。

 

古文・漢文の勉強法とおススメ問題集

 

古文読解

 

古文を苦手としている人は多いですね。

 

でも、小説などに比べれば短期間で得点しやすいです。

 

古文と漢文勉強の3つのコツを紹介します。

 

1、音読する

 

1つ目のコツは「何度も声を出して読んでみる」ということです。

 

たしかに古文は昔の言葉なので、読みにくいと思います。

 

でも、練習すればすぐに慣れてきます。

 

読むことに慣れれば、古文の苦手意識もうすくなってきます。

 

2、主語を補って読む

 

古文も漢文も「主語=〜は・〜が」がよく省略されます。

 

話の内容が分かりにくく感じるのは、この主語の省略が原因のひとつです。

 

だから、主語を補いながら読みとっていきましょう。

 

登場人物は2人から3人くらいです。

 

3、現代語訳を先に読んでおく

 

主語を補いながら読んでも、ストーリーがわからないときもあると思います。

 

古文や漢文の話の内容がわからないときは、
問題を解く前に現代語訳を読んでしまいましょう。

 

話の内容が理解できたら、あらためて問題を解いてみます。

 

同じ問題でも何度も解いて、古文に慣れていきましょう。

 

古文・漢文おススメ問題集

 

すっきり古文

 

おススメは「旺文社 とってもすっきり古文漢文」です。

 

基礎の問題から同じ内容の古文を読みます。

 

基礎から3ステップで勉強できるので、満足感が高くなるでしょう。

 

こわくない古文漢文

 

もう1冊のおススメは『くもん こわくない古文漢文』です。

 

こちらは古文と漢文の内容がマンガで書かれています。

 

苦手な子でもマンガを読みながらストーリーの理解ができます。

 

高校受験の漢字勉強法

漢字ドリル

 

漢字は高校入試でも10点〜20点の配点があるので、
満点を目指して準備しておきたいですね。

 

学校からドリルが配布されるかもしれませんが、
私のおススメは『漢検』です。

 

おススメ問題集は漢検3級過去問

 

漢検過去問

 

漢検の問題集を使うメリットはたくさんあります。

 

  • 高校入試の準備ができる
  • 3級合格で内申点がアップ
  • 四字熟語なども覚えられる

 

どうせやるなら「一石二鳥」を目指して勉強しましょう!

 

以上、高校受験の国語勉強法を紹介しました。

 

参考になれば嬉しいです。

 

さあ、努力を重ねて志望校合格してください!

 

応援してまいす!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ