漢文で点数を取ろう!

 

漢文は古文の勉強と似ています。

 

古文の勉強法はこちら

 

やり方さえわかれば、それほど難しくはありません。

 

漢文の勉強法を紹介します。

 

 

スラスラ読めるようになろう

 

まずは、書き下し文をスラスラ読めるようにしましょう。

 

一つの漢文を5回以上読めば、だれでも上達していきます。

 

最初はつまりながらでもいいです。

 

慣れてくると漢文のリズムを味わうこともできて、おもしろいです。

 

ただし、読まない漢字があるので気をつけましょう。

 

<読まない漢字>
  而 、  於 、  耶 、  哉  など

 

返り点のルールを覚えよう

 

それから漢文の文法とも言うべき、返り点を理解しておきましょう。

 

中学生は、「レ点」と「一二点」を理解して使えればOKです。

 

レ点は「下→上」のかえって読みます。

 

  思 A

  我 @

 

@→Aの順で読むので、我→思

 

 

次は「一・二点」です。

 

「二」をとばして、「一」が出てきたら「二」に戻ります。

 

  走 B

  公 @

 

  園 A

 

@→A→B の順で、公園→走 ですね。

 

 

これはすべての言語にいえることですが、読めないと覚えられません。

 

また、音読で自分の声を自分の耳で聞くので、
黙読(もくどく)よりも音読が効果的です。

 

漢文の形式を暗記しよう

 

必ずテストに出るのが漢詩の形式です。

 

一行が五文字なら五言(ごごん)。八文字なら八言

 

全体が四行なら絶句(ぜっく)。八行なら律詩(りっし)。

 

例えば、一行五文字で八行の形式だったら、「五言律詩」です。

 

現代語訳を確認しよう

 

スラスラ読めて、漢文の形式がわかったら
現代語訳を確認します。

 

漢文独特の言い回しや表現には気をつけましょう。

 

現代語訳がわかれば、ストーリーも理解できるはずです。

 

たいていは故事成語が多いですね。

 

故事成語(こじせいご)・・向かいの中国で起こった出来事から生まれた言葉

 

(例) 矛盾  五十歩百歩 推敲 など

 

ほかに、ちょっとシャレをきかせた話もあります。

 

例えば、こんなトンチ話はどうでしょうか。

 

 

孔子が弟子を連れて歩いていた。

 

垣根から馬が頭を出している。

 

孔子は「牛だ」と言った。

 

まさか、孔子が牛と馬の区別がつかないわけはない。

 

一番弟子の顔回(がいかん)はヒラメいた。

 

( 「馬」は十二支では「午」と書く。「午」が頭を出したら「牛」だ!)

 

顔回は孔子先生に確認すると、「さすがだ」と褒めてくれた。

 

 

一休さんみたいですね。

 

話の内容がわからないときは?

 

初めて読む漢文で、話の内容がわからないときもあると思います。

 

そんなときは、現代語訳を読んでしまいましょう。

 

現代語で内容を確認したら、再び漢文を読みます。

 

漢文も慣れれば難しくないので、怖がらずに勉強しましょう。

 

説明文や随筆、小説よりも点数は取りやすいと思います。

 

国語のおススメ問題集と参考書はこちら

 

中学理科の勉強法はこちら

 

メール講座