漢文で点数を取ろう!

漢文は古文の勉強と似ています。

 

古文の勉強法はこちら

 

やり方さえわかれば、それほど難しくはありません。

 

漢文の勉強法を紹介します。

 

 

スラスラ読めるようになろう

 

まずは、書き下し文をスラスラ読めるようにしましょう。

 

一つの漢文を5回以上読めば、だれでも上達していきます。

 

最初はつまりながらでもいいです。

 

慣れてくると漢文のリズムを味わうこともできて、おもしろいです。

 

ただし、読まない漢字があるので気をつけましょう。

 

<読まない漢字>
  而 、  於 、  耶 、  哉  など

 

返り点のルールを覚えよう

 

それから漢文の文法とも言うべき、返り点を理解しておきましょう。

 

中学生は、「レ点」と「一二点」を理解して使えればOKです。

 

レ点は「下→上」のかえって読みます。

 

  思 A

  我 @

 

@→Aの順で読むので、我→思

 

 

次は「一・二点」です。

 

「二」をとばして、「一」が出てきたら「二」に戻ります。

 

  走 B

  公 @

 

  園 A

 

@→A→B の順で、公園→走 ですね。

 

 

これはすべての言語にいえることですが、読めないと覚えられません。

 

また、音読で自分の声を自分の耳で聞くので、
黙読(もくどく)よりも音読が効果的です。

 

漢文の形式を暗記しよう

 

必ずテストに出るのが漢詩の形式です。

 

一行が五文字なら五言(ごごん)。八文字なら八言

 

全体が四行なら絶句(ぜっく)。八行なら律詩(りっし)。

 

例えば、一行五文字で八行の形式だったら、「五言律詩」です。

 

現代語訳を確認しよう

 

スラスラ読めて、漢文の形式がわかったら
現代語訳を確認します。

 

漢文独特の言い回しや表現には気をつけましょう。

 

現代語訳がわかれば、ストーリーも理解できるはずです。

 

たいていは故事成語が多いですね。

 

故事成語(こじせいご)・・向かいの中国で起こった出来事から生まれた言葉

 

(例) 矛盾  五十歩百歩 推敲 など

 

ほかに、ちょっとシャレをきかせた話もあります。

 

例えば、こんなトンチ話はどうでしょうか。

 

 

孔子が弟子を連れて歩いていた。

 

垣根から馬が頭を出している。

 

孔子は「牛だ」と言った。

 

まさか、孔子が牛と馬の区別がつかないわけはない。

 

一番弟子の顔回(がいかん)はヒラメいた。

 

( 「馬」は十二支では「午」と書く。「午」が頭を出したら「牛」だ!)

 

顔回は孔子先生に確認すると、「さすがだ」と褒めてくれた。

 

 

一休さんみたいですね。

 

話の内容がわからないときは?

 

初めて読む漢文で、話の内容がわからないときもあると思います。

 

そんなときは、現代語訳を読んでしまいましょう。

 

現代語で内容を確認したら、再び漢文を読みます。

 

漢文も慣れれば難しくないので、怖がらずに勉強しましょう。

 

説明文や随筆、小説よりも点数は取りやすいと思います。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ

 

国語のおススメ問題集はこちら

 

高校受験の国語勉強法はこちら

 

課題作文・小論文の書き方はこちら

 

漢字検定の勉強法はこちら