苦手な古文を攻略しよう!

古文を読む

 

中学生の古文勉強法を紹介します。

 

中学生の古文は少しコツをつかめば難しくありません。

 

教科書に出てくる文章も決まっています。

 

  • 竹取物語
  • 枕草子
  • 平家物語
  • おくの細道
  • 万葉集
  • 古今和歌集
  • 新古今和歌集

 

しかし、何をどう勉強してよいかわからないかもしれません。

 

古文の勉強のやり方のコツを説明します。

 

次のテスト勉強や高校受験の勉強に活かしてくだささい。

 

 

古文を声に出して読もう

 

音読

 

古文が苦手ならまず音読をしっかりしましょう。

 

英語と同じで、内容理解の前にスラスラ読めることが大切です。

 

読むときの基本は

 

はひふへほ→わいうえお

 

ですね?他にも

 

てふ → ちょう

 

などに慣れていきましょう。

 

スラスラ読めると、苦手意識も少しずつ弱まります。

 

最初は「つまる」こともあるかもしれません。

 

でも、特有の言い回しやリズムに慣れていくことが大切です。

 

現代語訳を確認しよう

 

古文がスラスラ読めるようになったら、

 

次に現代語訳を確認しましょう。

 

古文では、言葉の意味が現代語と違う場合があるからです。

 

例) おかし → 風情がある、趣がある

 

現代の意味と違う言葉に注意しながら、

 

文章全体の意味を確認していきましょう。

 

主語の省略に注意

 

文章全体の意味がだいたいわかったら、

 

続いて一文ごとに<主語 〜は>を確認していきましょう。

 

古文は<主語の省略>がよくあるからです。

 

省略してある主語を考えながら、読んでいきましょう。

 

わからないときは「現代語訳」を見て、確かめればOKです。

 

中学の古文はスラスラ読めて、だいたいの意味がわかれば、

 

ほとんどの問題は解けるようになっていきます。

 

全体のストーリーがわからないときは?

 

わからない

 

古文では、物語の内容がわかりにくいときがあります。

 

この文章は、結局何が言いたいの?

 

時々そんな古文もありますね。

 

そんなときは、現代語訳を先に見てしまいましょう。

 

現代語ならば、ストーリーや内容もすぐに分かると思います。

 

偉人のエピソードだったり、トンチ話だったり、

 

少し説教くさい話だったりします。

 

内容を把握できたら、古文をもう一度音読してみましょう。

 

最初よりも、内容がかなり理解できると思います。

 

全体の内容がわかったら、

 

一つ一つの言葉の意味を確かめながら読んでみます。

 

最初にも書きましたが、スラスラになるまで読むと、

 

自然と苦手意識が少なくなっていきます。

 

「春はあけぼの・・・」

 

「昔、竹取の翁というものありけり・・・」

 

「月日は百代の過客にして・・・」

 

おそらく中学校でいくつか暗唱すると思いますが、

 

暗唱するまでになれば親しみもわいてきますね。

 

表現技法を理解して覚える

 

最後に、古文中に出てくる表現技法を理解して覚えます。

 

とくに短歌や俳句には、詩と同じような技法が使われています。

 

対句・・リズムが同じでペアになる言葉を並べる

 

倒置・・ことばの順序を逆にして強調する

 

擬人・・人でないものを人に例える

 

体言止め・・句や歌の最後を名刺または代名詞で結ぶ

 

それから切れ字係り結びも定番です。

 

高校生になっても古文はありますから、

 

苦手なままにしないようにしたいです。

 

では、古文の勉強がんばってください!

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

成績が上がる勉強法を公開

 

240点→407点にアップ

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

 

中学国語勉強法トップページへ

 

中学生の勉強法トップページへ