中学生の実力テスト勉強の問題集

実力テストの勉強はしていますか?

 

何をしていいか分からない人も、
できるだけの対策をしておきたいですね。

 

実力テストと定期テストの違いと
対策問題集を紹介します。

 

 

実力テストで点数が下がる理由と対策は?

 

中間や期末テストでは成績が良いのに、実力テストでは成績が下がる・・

 

実力テストに向けて何を勉強すればいいかわからない・・

 

このような悩みを持っている中学生と親はとても多いです。

 

まず、成績が下がる理由をハッキリさせて対策を考えましょう。

 

実力テストで点数が取れない理由は2つあります。

 

1、範囲が広いから

 

3年生の実力テストは、1年・2年生の範囲も出題されます。

 

中間・期末テストの狭い範囲に慣れてしまっているので、
何を勉強していいかわからないという理由があります。

 

2、応用問題が多く出題されるから

 

実力テストでは、基本問題の割合が少なくなり、応用がほとんどといってよいでしょう。

 

数学の教科書で言えば、章末問題程度の問題です。

 

理科社会の記述問題の出題も多く、空欄が出始めます。

 

国語は、初めて読む文章の読解が中心です。

 

こうなると、普段のテストでは70点くらいで中位の子でも、
50点くらいに落ち込んでしまうのが当たり前でしょう。

 

実力テスト用にはどんな問題集がいいのか?

 

では、実力テスト対策としてどんな問題集をやればよいでしょうか。

 

5科目を紹介しますので、よければ参考にしてください。

 

国語

 

 

くもんの「高校入試 中学国語総復習」

 

くもんと言えば、小学生が通う算数英語の基礎教室といったイメージかもしれません。

 

しかし、市販問題集が非常に優れています。

 

「高校入試」と書いてありますが、中学1年生が始めてもOKです。

 

単元が細かく分かれ、その単元も 基本→ 発展 → 完成の3部構成。

 

一つの問題文が長すぎないので、飽きずに取り組めます。

 

もちろん、解答解説がていねいで詳しいです。

 

上の画像は国語が苦手な中学生用の「基礎編」。実戦編もあります。

 

英語

 

 

英語は学力差が大きくなりやすい科目です。

 

学年や自分の学力に応じた問題集選びたいものです。

 

基礎からじっくりやり直したい中学生

 

eigorep

 

やさしく学ぶ「英語リピートプリント」

 

英語は日本語と語順が違っています。

 

この語順が理解できないままだと、ずっと英語はわかりません。

 

基本英文をたくさん書いて練習して、英語の基本語順を身につけるワークです。

 

中学2年生でも、1年生から始めることをオススメします。

 

今の実力をさらにあげたい中学生は英検

 

eiken

 

高橋書店の「絶対合格 英検」問題集

 

定期テストで70点〜80点の得点がある人には、英検の問題集をおすすめします。

 

中学1年生は5級、中学2年生は4級、3年生は3級が目安。

 

もちろん、合格すれば高校入試内申点のアップにつながります。

 

英検の勉強の仕方はこちら

 

学校で習っていない単語や熟語も少し出てきますが、

 

実力をつけるのに語句を増やすのは必要なことです。

 

理科・社会

 

テストの点数や学力に合わせて問題集を選びましょう。

 

苦手な人は、中学校で配られているもので大丈夫です。

 

苦手な人は学校のワークを復習

 

理科や社会で苦手な単元がある場合は、まず教科書です。

 

理科社会は、教科書が一番の参考書と考えてください。

 

新しく問題集を買わずに、学校のワークを優先して反復練習です。

 

学校のものが80%以上理解できて正解したら、次の問題集を考えましょう。

 

基礎を確かめ、実力をつけたい中学生

 

scie

 

くもんの「中学基礎固め100%」理科

 

基礎固めと書いてありますが、基礎だけではありません。

 

基本チェック → 基本ドリル → 練習ドリル → 発展ドリルの4部構成。

 

くもんが得意なスモールステップ方式で、無理なく実力が付けられます。

 

成績下位のお子さんも書店で手にとって検討してください。

 

数学

 

数学も、基礎からやりたい人と
実力を伸ばしたい人の2種類を紹介します。

 

基礎からしっかり学ぶなら公文

 

kumonmath

 

くもんの「中学基礎がため100%」数学

 

くもんのこのシリーズはとてもいいですね。

 

例えば「図形編」のように、苦手な分野を選んで購入できます。

 

小学生のときから算数が苦手でも、これなら取り組めると思います。

 

中位の人は学研のニューコース

 

newmath

 

中間・期末で70点程度の成績の人は、ニューコースがよいでしょう。

 

基礎力を確かめ養うステップ1、実力をつけるステップ2の構成です。

 

入試問題にチャレンジコーナーもあるので、上位の子にも良いです。

 

とくに苦手な単元を選び、克服するのにもぴったりです。

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

成績が上がる勉強法を公開

 

240点→407点にアップ

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

成績向上!無料メールマガジン

 

中学生の親子に役立つ教育情報を無料でお届け。

 

全国3000組以上の親子に好評配信中です。

 

成績向上メールマガジン」をお申し込みで、

 

成績アップ4つのコツ』をプレゼントします。

 

成績を上げるコツ無料レポート

 

成績向上に欠かせない勉強法なので、
次のテストで一つでも実践してみてください。

 

     

    無料メルマガ&レポートは
    悩んでいる親子さんにおススメです

     

     最近、成績が下がってきた・・

     

     とにかく勉強しない・・

     

     がんばっているのに成績が伸びない

     

     塾に行っているのに上がらない

     

     反抗期で言うことを聞かない

     

     声掛けの仕方がわからない

     

     高校受験で不安が大きい

     

     親は何をすればいいのか

     

 

レポートで勉強の基本を点検してください。

 

親の声掛けや接し方も好評配信中です!

 

 

成績アップレポートプレゼント!
メルマガお申し込みはこちらから

 


 


 

 

安村知倫(やすむらともみち)

安村知倫

石川県金沢市の進学塾桜ゼミナール塾長。成績が上がる勉強法およびチャイルドコーチングアドバイザー。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』(明日香出版社)
著書『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版社)

 

詳しいプロフィールなどはサイト運営者情報

 

 

中学生のおススメ問題集トップページへ

 

中学生の勉強法トップページへ