実力テストは何のため?

困った

 

なんで実力テストなんてあるの?

 

そんな疑問をもつ中学生も多いですね。

 

実力テストがある理由は、
今の実力を知っておくべきだからです。

 

では、いつもの中間テストや期末テスト(定期テスト)との違いは何でしょうか。

 

定期テスト・・教科書内容の理解度をみる。
実力テスト・・基礎力だけでなく応用力もみる

 

ここでは応用力もみられる実力テスト対策として
何をすればいいのか紹介していきます。

 

 

実力テストの範囲は?

 

実力テストは地域によって、
「復習テスト」「総合テスト」「統一テスト」などと呼ばれます。

 

範囲は地域や中学校によって異なりますが、
習ったところまで全部になるのが一般的です。

 

習ったところなので、当然に前学年の分野も含まれます。

 

3年生になると、1年・2年のすべての内容が出題されます。

 

だんだん高校入試と同じになっていくのですね。

 

つまり、実力テスト=高校入試の練習と考えてください。

 

実力テストだから平均点も自分の点数も下がる

 

実力テストは、基礎力だけでなく
応用力を試すテストですから、点数が下がります。

 

難しい問題も出題されるため、
平均点もかなり下がります。

 

中間期末の平均は300点くらいですが、
実力は250点から260点程度でしょう。

 

だから、中間期末の自分の点数より
いつもより30点〜50点下がると考えてください。

 

ただし、学年の平均点も下がるので、
平均以上に自分が下がらないようにしましょう。

 

実力テストに向け何を勉強すればいいか?

 

テスト勉強

 

実力テストは範囲がとても広いので、何をしてよいか考えてしまうかもしれません。

 

「実力を試すテストだから何もしない」と開き直ったり、
「何をしていいかわからないから何もしない」とあきらめる中学生もいます。

 

でも、これは高校入試の練習ということを思い出してください。

 

もしあなたも何をしていいか分からなければ、
自分だけのテーマを決めて復習することをおススメします。

 

範囲のすべてを完璧にするのは無理なので、
とくに復習する分野を決めて対策するのです。

 

では、その手順を紹介するので参考にしてくださいね。

 

過去問があれば、やってみる

 

中学校によっては、実力テストの過去問を配ってくれます。

 

過去問は次の実力テストの難易度がわかり、
自分の学力をつかむのに役立ちます。

 

学校で配られたら、ラッキーと思ってやってみましょう。

 

1、採点をして、苦手分野を知る。

 

過去問は、できれば時間をはかって解いてみましょう。

 

丸つけをしたら、ここからが本番です。

 

できている分野、苦手な分野があると思います。

 

「一次関数の速さの問題ができなかった。」

 

「古文がさっぱり解けなかった。」

 

「電力の計算があやふやでわからない。」

 

「アメリカの農業と工業があまり覚えていない」

 

科目ごとに、自分の克服すべき分野があると思います。

 

それらをチェックして、紙に書き出していきましょう。

 

2、ワークや問題集で復習する。

 

紙に書き出したリストをもとに、ワークのどのページを復習するか決めます。

 

テストまであまり時間がないようなら優先順位も決めましょう。

 

2週間以上あるときでも、まずは優先すべき分野をしぼって、
一つずつ克服していきましょう。

 

一度に欲張らないのがコツです。

 

中間期末テストとどちらを優先?

 

どちら?

 

結論から言うと、定期テストを優先させます。

 

定期テストは教科書内容の確認ですから、
基礎基本の理解をしっかりすべきだからです。

 

定期テストの勉強は2週間くらいは必要です。

 

2週間前になったら定期テストの勉強に切り替えると決め、
他の期間は実力テスト勉強をするようにしてください。

 

中学3年生は実力テストや高校入試に向けての学習が中心ですが、
中間・期末もしっかり点数を取っておきたいですね。

 

なぜなら、3年生で学ぶ内容も入試には出題されるからです。

 

1・2年の復習の中で、分からない部分が多い人は、
3年の内容は習ったその場で理解することを優先させます。

 

3年生では、わからない部分を積み上げないようにしましょう。

 

高校入試まで障害物マラソン?

 

マラソン

 

実力テストや校外模試が返ってきたら、
結果に喜んだり落ち込んだりすると思います。

 

高校入試が終わるまでは、その繰り返しです。

 

そんなときは、結果を前向きにとらえて
障害物をクリアすれば成長できる」と考えましょう。

 

勉強がつらいときもあるかもしれませんが、
そのつらさを乗り越えれば、志望校合格に一歩近づきます。

 

1年生や2年生も、高校入試の練習と思って
学力を上げるチャンスととらえてください。

 

そのときの努力が、3年生になって花開きますよ。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ