丸つけって超大事です!

 

丸付け

 

問題集やワークの丸つけ。とても大事です!

 

丸付けの仕方で成績が変わると言っても言い過ぎではありません。

 

丸付けのコツや工夫を紹介します。

 

 

丸つけを工夫すれば成績が伸びる!

 

こどもの成績を伸ばす原則はいくつかありますが、

 

その一つに「間違えた問題を自分で解けるようにする」ということがあげられます。

 

ドリルやワークをやっていれば、どんな子でも間違えることはあります。

 

その間違えた問題やわからなかった問題を直して、
自分の力でできるようにすれば、成績は上がります。

 

明日のテストのためにワークで勉強して、7割が正解できたとします。

 

もし間違えた問題やわからなかった問題を放置すれば、

 

明日のテストでも70点くらいか、70点を下回るでしょう。

 

一方、もし間違えた問題やわからなかった問題を解きなおし、

 

残りの3割も自分の力で解けるようにしてから明日のテストを受ければ、結果はどうでしょうか?

 

80点以上を期待できますね。

 

できなかった問題をできるようにしてテストの準備をしたのですから、

 

その分だけ実力アップするのは当然です。

 

間違えたのに丸をつけてしまう・・

 

しかし、中学生に自分で間違えなおしをさせると、なかなかうまくいきません。

 

教科書や学校のノートを見ながら解いたのに、そのまま赤丸をつける子が多いです。

 

友達に教えてもらったのに、同じく赤丸をつけてしまうからです。

 

これでは、自分の力でできなかった問題にも丸をつけたことになります。

 

あるいは、同じ問題をもう一度解くのを面倒くさがったり、

 

正解をチラチラ見ながら解いてしまうこともあります。

 

丸がたくさん欲しい気持ちはわかりますが、

 

自分で丸付けをすると「甘さ」が出るのです。

 

3色に色分けして丸つけをしよう!

 

3色ペン

 

繰り返しますが、「間違えなおし」をきちんとできれば例外なく子どもの学力は上がります。

 

高校に進学した後でもそれは同じです。

 

ぜひ、中学1年か2年のうちに間違えなおしの習慣をつけさせたいです。

 

そこで、日頃からできる「間違えなおし」のコツをお伝えしますね。

 

三色ボールペンで色分け丸つけをするようにしてください。

 

※上の画像のような三色が一本にまとまった太いボールペンです。

 

色分け丸付けの例

 

 

1、教科書や授業ノートなどを見ずに、だれにも教えてもらわずに、自分の力で解けた問題は赤丸

 

2、教科書や授業ノートを見たり、友達やお母さんに教えてもらった問題は青丸

 

  答えを見て理解できた問題も青丸とします。

 

3、答えを見ても正解の説明を読んでも分からない問題は、でクエスチョンマーク。

 

  はテストまでに友達や学校の先生に質問して解決しておくべき問題です。

 

このように3色を使い分けておけば、

 

テストの準備は青丸と緑のクエスチョンを中心に復習すればいいので効率的です。

 

最初は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 

しかし、慣れて習慣になれば普通の赤丸一色での丸つけと同じです。

 

ここでは赤・青・緑としましたが、ボールペンの色は好きなもので大丈夫です。

 

ぜひ、次のテストから家でも3色ボールペンを使って、間違えなおしの習慣をつけてください。

 

成績アップ間違いなしですよ!

 

おススメの記事

中学生の問題集の選び方は?

 

勉強しているのに成績が良くないときは?

 

成績が上がる勉強のやり方マニュアルとは?

 

 

勉強のやり方がわかった!

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる中学生の勉強法 》

 

成績が上がる勉強法

 

高校に合格したみなさん

 

中学生の勉強法

 

高校受験勉強法

 

運営者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。
数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。
著書に『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』(明日香出版)がある。
上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に伝えて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。