期末テストアドバイス

テスト風景

 

期末テストは技能教科(美術・音楽・保健体育・技術家庭)もあるので、

 

早めに勉強をスタートしたいですね。

 

目安としては、2週間前からスタートしたいです。

 

テストが2日から3日かけて行われるのも

 

中間テストと違うところです。

 

このページでは期末テスト勉強でよくある失敗パターンと

 

アドバイスを紹介します。

 

参考にしてください!

 

 

1、勉強しない日をつくらない

 

寝てしまう

 

期末テストが行われる6月末、11月末は

 

部活動の大会を控えて延長や土日の1日練習も多い時期です。

 

3年生の6月の試合は負ければ引退になる大きな試合です。

 

精一杯やって悔いのない部活動にしてほしいのですが、

 

だからといって勉強しなくてもよいわけではありません。

 

「今日は疲れたからいいか・・」と例外をつくらないことです。

 

試合で疲れた日も10分でも勉強を頑張りましょう。

 

勝ち進んで大きな大会へ出るなら、、

 

テスト1週間前でも練習がある可能性もあります。

 

できるときに学校ワークを進めましょう。

 

2、作業ものを後回しにしない

 

漢字ドリル

 

「作業もの」とは、ひたすら練習して覚える暗記ものです。

 

例えば漢字は、頭で考えるより練習して覚える分野ですね?

 

テスト前は単元の漢字ワークが課題になると思います。

 

期末テストでは、この漢字の暗記が

 

膨大な量になる場合があります。

 

ワーク提出日のギリギリになってやっていると、

 

他の教科のテスト直前なのに漢字ワークを

 

やらざるを得なくなります・・・・。

 

明日は数学と理科のテストなのに漢字ワーク・・・。

 

これはとても効率が悪いので、

 

「作業もの」は早めに手をつけていきましょう。

 

部活動で疲れて「思考もの」が難しいときに

 

作業ものをオススメします。

 

3、苦手を後回しにしない。

 

サンドイッチ

 

だれでも苦手な野菜があるように、

 

苦手な教科があるかもしれません。

 

私も音楽で20点を取った記憶があります(笑)。

 

苦手な科目やわからないことが多い教科は

 

できるだけやりたくないものです。

 

その苦手科目は「サンドイッチ勉強」がオススメです。

 

音楽が苦手ならば、

 

好きな数学40分
   ↓
音楽15分
   ↓
嫌いでない理科40分

 

このように苦手を挟んでみましょう。

 

とくに技能教科は後回しにして

 

「一夜漬け」にならないように注意です。

 

4、中間の範囲は×問題を中心に。

 

復習

 

期末テストは中間の範囲も含まれる可能性が高いです。

 

そんなときは、中間以後に習った範囲を重点的に、かつ

 

中間の範囲の間違えた問題の復習をしっかりやりましょう。

 

テスト範囲が広いときはまんべんなく出題され、

 

範囲が狭いときは応用がたくさん出題される。

 

これが一般的です。

 

範囲が広くなる期末テスト、がんばってくださいね。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ