期末テストアドバイス

テスト風景

 

中学生の期末テストは技能教科(美術・音楽・保健体育・技術家庭)もあるので、早めに勉強をスタートしたいですね。

 

目安としては、おそくとも2週間前からスタートしたいです。

 

テストが2日から3日かけて行われるのも、中間テストと違うところです。

 

期末テスト勉強でよくある失敗パターンとアドバイスを紹介します。

 

中間テストがよくなかった中学生は参考にしてください!

 

 

1、勉強しない日をつくらない

 

寝てしまう

 

期末テストが行われる6月末、11月末は、部活動の大会を控えて延長や土日の1日練習も多い時期です。

 

3年生の6月の試合は負ければ引退になる大きな試合です。

 

精一杯やって悔いのない部活動にしてほしいのですが、だからといって勉強しなくてもよいわけではありません。

 

「今日は疲れたからいいか・・」と例外をつくらないことです。

 

試合で疲れた日も10分でも勉強を頑張りましょう。

 

勝ち進んで大きな大会へ出るなら、テスト1週間前でも練習がある可能性もあります。

 

できるときに学校ワークを進めましょう。

 

2、作業ものを後回しにしない

 

漢字ドリル

 

「作業もの」とは、ひたすら練習して覚える暗記ものです。

 

例えば漢字は、頭で考えるより練習して覚える分野ですね?

 

テスト前は単元の漢字ワークが課題になると思います。

 

期末テストでは、この漢字の暗記がとても多くなる場合があります。

 

ワーク提出日のギリギリになってやっていると、他の教科のテスト直前なのに漢字ワークをやらざるを得なくなります・・・・。

 

明日は数学と理科のテストなのに漢字ワーク・・・。

 

これはとても効率が悪いので、「作業もの」は早めに手をつけていきましょう。

 

部活動で疲れて「思考もの」が難しいときに作業ものをするのをオススメします。

 

3、苦手を後回しにしない。

 

サンドイッチ

 

だれでも苦手な野菜があるように、苦手な教科があるかもしれません。

 

私も音楽で20点を取った記憶があります(笑)。

 

技能教科の勉強法はこちら

 

苦手な科目やわからないことが多い教科は、できるだけやりたくないものです。

 

その苦手科目は「サンドイッチ勉強」がオススメです。

 

音楽が苦手ならば、

 

好きな数学40分
   ↓
音楽15分
   ↓
嫌いでない理科40分

 

このように苦手を挟んでみましょう。

 

とくに技能教科は後回しにしやすいので、「一夜漬け」にならないように注意です。

 

4、中間の範囲は×問題を中心に。

 

復習

 

期末テストは中間の範囲も含まれる可能性が高いです。

 

そんなときは、中間以後に習った範囲を重点的に、かつ

 

中間の範囲の間違えた問題の復習をしっかりやりましょう。

 

テスト範囲が広いときはまんべんなく出題され、

 

範囲が狭いときは応用がたくさん出題される。

 

これが一般的な傾向です。

 

以上、期末テストの注意点でした。

 

範囲が広くなる期末テスト、がんばってくださいね。

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

成績が上がる勉強法を公開

 

240点→407点にアップ

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

 

中学のテスト勉強法トップへ

 

中学生の勉強法トップページへ