生活習慣を守る

中学1年生は、中学生になってから初めての夏休み。

 

同時に、まだ小学生の「甘え」が抜けきらないお子さんも多いです。

 

普段は中学の勉強に部活動にとへとへとです。

 

逆に、長期休暇になったら、午前中は寝ているということがないようにしましょう。

 

寝不足は心身に良くありませんが、寝すぎもよくありません。

 

学校のある日と同じように、起床、就寝しましょう。

 

 

悪い例ですが、

 

中学生が非行に走る時期は夏休み中、

 

登校拒否になる時期は夏休み明けが一番多いそうです。

 

その一番の原因は生活習慣の乱れです。

 

夏休みの勉強法 サマーワーク

夏休みのサマーワークが宿題に出ると思います。

 

1年生の7月までの学習範囲ですから、薄いワークが配られると思います。

 

ちょっと頼りないくらいのボリュームだと思います。

 

 

サマーワークは1回やって終わりにせずに、

 

2回繰り返すようにします。

 

 

1、1回目はノートに答えだけを書いていきます。

 

  答えを見て○付けをしましょう。

 

  ×の問題は、ワークに小さく×を書いておきましょう。

 

  正解していた問題も、間違えた問題も解説を読みましょう。

 

  間違えた問題については、英単語や英文は書いて覚え、

 

  数学や理科の一分野は考え方と解き方を覚えましょう。

 

  解説を読んでも理解ができない部分は友達に教えてもらうか

 

  日直の先生に聞きましょう。

 

 

2、2回目はワークに直接書き込みます。

 

  1回目の×の問題をとくに気を付けながら

 

  全問正解目指して取り組みましょう。  

 

夏休みの勉強法 数学・英語

 

余裕がある人は、市販の問題集を買ってもいいでしょうが、

 

その前にお薦めする勉強法があります。

 

ここでは数学と英語を紹介します。

 

 

数学

 

これまでに学習したのは、

 

第一章 正負の数・第二章 文字式だと思います。

 

方程式を少し勉強した中学校もあるかもしれません。

 

これまでの総復習をするには、

 

それぞれの「章末問題」の復習をおすすめします。

 

AとBに分かれているときは、Aが基本の復習、Bは応用です。

 

 

英語

 

英語はニューホライズンならユニット4

 

サンシャインならプログラム4までが標準的な進度だと思います。

 

夏休みは、ここまでの範囲の本文暗唱と暗写をおすすめします。

 

暗唱は、何も見ずに教科書本文を言うこと、

 

暗写は、何も見ずに教科書本文を書くことですね。

 

やってみるとけっこうできますし、ものすごく自信がつきますよ。

 

 

夏休み勉強法 市販問題集や塾

 

市販問題集や塾にはそれぞれ良さがあります。

 

ただ、一番まずいのは

 

中学校の提出物やワークをないがしろにして

 

市販のものや塾に頼りきった結果、

 

どの教材も中途半端になることです。

 

 

勉強の基本としてよく言われる

 

「一冊の問題集を徹底的にやる」は

 

王道で、効果があり、自信もつきます。

 

 

あれもこれもやって忙しいわりに、何も身につかなかった・・・・。

 

これだけは避けたいところです。

 

休みに入る前に一日の生活習慣の計画を立て、

 

勉強内容の準備と計画を立て、充実した夏休みにしたいものです。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法