中学生のノートの取り方と使い方は?

きれいなノート

 

学校のノート、上手に使えていますか?

 

学校のトートの取り方や活用方法がわからない、
あるいは中学生になったばかりのお子さんに
ノートの使い方を紹介します。

 

 

ノートは2種類を用意しよう!

 

勉強で使うノートは1教科に2種類用意しよう。

 

1冊は学校の授業で使うノート。

 

もう1冊は家での復習やテスト前に使うノートです。

 

1、学校の授業用

 

2、自学やテスト勉強用

 

2冊を使い分けて、効率よく勉強しよう。

 

では、2冊のノートの使い方をくわしくみていきます。

 

1、学校の授業用のノート

 

社会の授業ノート
※神奈川県学習塾LIBさんのサイトより

 

授業用のノートは、先生が黒板に書いたことを残すノートです。

 

上は社会の授業ノートですね。

 

とても上手に書いてあります(先生の授業が良い)

 

どこが良いかわかりますか?

 

5つあげてください。

 

  • 授業の日付が書いてある。
  • 教科書と資料のページが書いてある。
  • 教科書の太字の用語が赤で書いてある。
  • 用語の読み方がふりがなで書いてある。
  • 行間を空けてあるので見やすい。

 

見やすくてポイントをおさえたノートを書けば、
テスト勉強をするときに見直しをしやすいですね。

 

明日の授業からマネしてくださいね。

 

テスト勉強や自学用のノート

 

こちらは自学やテスト勉強用のノートです。

 

社会のワークの問題を解いて丸つけまでしています。

 

点数が上がるテスト勉強のやり方で紹介していますが、
ワークの問題の3回目やっていますね。

 

自分で問題を解くのに使うノートなので、
見やすさにこだわる必要はありません。

 

練習をたくさんして、知識や解き方を身につけるノートです。

 

数学と理科は途中の式を残すようにしてください。

 

また、数学の図形やグラフは必ず書くといいです。

 

テスト前に「まとめノート」は効果なし

 

ノートで勉強

 

中間や期末テストの前に要点まとめノートを書いていませんか?

 

塾の先生としては、テスト前のノートまとめをおすすめしません。

 

たしかに、大事なところをノートに書くのは悪くありません。

 

でも、テスト前にやるべきことではないのです。

 

テスト前の貴重な時間にまとめを始めると、とても効率がわるいです。

 

ノートまとめは勉強の最後に

 

テスト前にノートまとめをするのは、とくに女の子が多いですね。

 

カラフルなペンで色分けをして要点をまとめます。

 

しかし、ノートまとめをきれいにやる子の成績はよくありません。

 

それではノートまとめが効果的でない2つの理由です。

 

学校の授業でまとめたから

 

なぜ、テスト前にノートまとめをしないほうが良いのでしょうか?

 

1つは、すでに学校の授業でまとめたから。

 

まとめは、学校で先生が黒板に書きませんでしたか?

 

授業を聞き、すでに「まとめ」をノートに写したと思います。

 

その時点でまとめは終わっているはずです。

 

自分でまとめ直す必要はありません。

 

ノートまとめだけでは点数アップにつながらないから

 

2つめは、まとめただけなのに勉強した気分になるから。

 

本番のテストは、「理解して覚えているかどうか」が点に結びつきます。

 

まとめたら点数がもらえるわけではありません。

 

ノートをきれいに書くことはわるくありませんが、
それで勉強したような気分にならないようにしましょう。

 

ノートをまとめるのはかなり時間がかかると思います。

 

まとめより、理解したり覚えたりすることに多くの時間を使ってください。

 

具体的には

  • 問題をたくさん解いてみる。
  • 間違えた問題を解きなおす。
  • 公式を覚えて使えるようにする。
  • 用語の漢字を練習する。

このような勉強を優先させましょう。

 

どんなときにノートにまとめる?

 

年表まとめ

 

テスト前は問題を解きまくる!ほうが身につきます。

 

でも、問題を何回も解いたのに覚えられないこともあると思います。

 

問題を繰り返して解いているが、なかなか頭が整理できない

 

このようなときは最後の手段として
覚えようとする部分だけをノートに書いてまとめてみましょう。

 

上の画像は「戦後日本の出来事まとめ」ですね。

 

いくつかの条約があって覚えにくいと思います。
こんな時こそ、自分なりににまとめてみましょう。

 

中学生におススメのノートは?

 

ドット入り罫線ノート

 

中学生の授業や自学ノートにおススメなのが、
コクヨのドット入り罫線のキャンパスノートです。

 

普通のノートにもヨコ罫線は入っていますが、
このノートはタテの目印としてドットが入っているんですね。

 

kokuyo

 

ヨコ・タテの目印があることのメリットをまとめます。

 

  • 大きさのそろった丁寧な字書けるようになります。
  • 文頭を揃えられます。
  • タテ線をきれいに描けます。
  • 表や図形をきれいに描けます。

 

小学生の算数の筆算にも便利そうですね。

 

授業用にも自学用にもおススメです!

 

文房具店で探してみてくださいね。

 

ノートを買ってきたら、勉強始めましょう!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ